選択的シングルマザーさんになる方法とは

選択的シングルマザーとは

未婚のシングルマザーさん

未婚のシングルマザーとは妊娠・出産はしたものの、何らかの理由で結婚することができない、または妊娠して子どもを出産したものの何らかの理由で離婚して未婚の状態であることを言います。結婚や男性の存在が前提にあったことを言います。

選択的シングルマザーさん

選択的シングルマザーとはあえて結婚して子供を産み育てるという選択ではなくて、結婚することを選ぶのではなくて初めから未婚の状態で妊娠して子どもを出産して育児をすることが前提にあります。

  • 未婚のシングルマザーさんは結婚や男性の存在が前提にある。
  • 選択的シングルマザーさんは結婚や男性の存在が前提にない。

自ら進んで選択的シングルマザーさんになるには計画的な人生設計が求められます。初めから父親がいないひとり親なので両親の助けを受けられることも必要なことだと言えます。

限られている妊娠・出産できる年齢

現在、働く女性が増えたことにより結婚年齢が上がる晩婚化や独身でいる生涯未婚率が多くなっています。しかし、女性は出産適齢期は20代であると言われていて30代になると年齢を重ねるごとに妊娠しずらい、健康な子どもが産めなくなると言ったことになるようです。海外では、日本に比べて働く女性に対して育児休暇などが取りやすい環境にあり女性は進んで選択的シングルマザーさんになる人が多いと言います。

選択的シングルマザーさんは精子バンクを利用して子どもを授かるようです。精子提供の青い鳥ではそんな選択的シングルマザーさんへ精子提供をボランティアでしています。