精子提供を東京でしています。

第三者から精子提供を受けるということは最終的な手段です。男性不妊やLGBTカップル、選択的シングルマザーさんなど何らかの理由で精子が必要になることがありますが、まずは親戚や知人など面識・信頼がある人に頼むのが一番良い方法とされています。

日本では精子バンクがりません。世界では数多くの精子バンクがあり精子だけではなくて卵子までもが手にすることができます。そんな日本の状況ですが精子バンクがない代わりに病院において第三者の精子を利用した治療が行われていました。

しかし現在、精子ドナー・精子提供者を確保することが難しくなり第三者の精子を利用した治療が行う病院が減少したと言われています。

このように第三者の精子を必要とする人たちは、何らかの理由や問題を抱えている人たちがほとんどです。精子提供のあおい鳥では精子提供をボランティアでしています。