男性不妊ご夫婦さんへ精子提供をしています

日本での精子提供の歴史

男性不妊ご夫婦さんへ第三者の精子を利用した非配偶者間人工授精(AID)は戦後に始まるとされています。当時は東南アジアに出征した男性が高熱を伴う感染症にかかりそれが原因で精子が作ることができなくなることが多くあったようです。

苦悩する男性不妊の旦那さん

男性不妊ご夫婦であると特に男性不妊の旦那さんが精子提供を受けることに精神的な負担がかかると言われています。精子提供を受けるて子どもを授かるということは他人の子どもを授かるということ、男性不妊の旦那さんにとっては養子を迎えることと同じだとされています。

そのため精子提供を受けて子どもを授かり、子どもを本当に愛することができるのだろうか、育児をすることができるのだろうかという苦悩が伴うと言われています。

女性に生まれたからには子どもを産ませてあげたい

現在では少子高齢化の時代で結婚してもあえて子どもを作らない夫婦も増えています。子どもを産まないという人生の選択もありながら、奥さんには子どもを産ませてあげたいという旦那さんの思いはなによりも尊重されるものではないでしょうか。

精子提供をボランティアしています。

精子提供のあおい鳥では、男性不妊ご夫婦さんへ精子提供をボランティアしています。